経営者に求められる力とは?代表的な力3選



事業を運営して成果を出す力

赤字の事業は永続できない。これは自明のことです。経営者であれば、事業を運営して利益を出していくことが必要になります。ドットコムバブルでは、赤字でもサイトアクセスがあれば価値があるとされた時期もありましたが、その後バブルがはじけてこの原則に戻る事となりました。とくに事業の立ち上げ時には、当初予定もしていなかった、トラブルや逆境や困難が待ち受けていることの方が一般的です。経営者には、こういった状況でも心折れることなく、必要な手段を実行して乗り越えていく力が必要とされます。

時代の先を読む先見力

経営者であれば、未来の世の中ではどのような製品・サービスが必要とされるのかを予測する力も必要です。洗濯機が各家庭に普及した現在の日本で洗濯板が昔ほど売れないのは容易に想像がつくと思います。ある企業家は経営者に必要な未来予測を「ニーズと技術・製品・サービスの交差点を見抜くこと」と表現していました。時代の先を行き過ぎず、しかし遅すぎずに最適なタイミングを見極め、事業を仕掛ける先見力が必要です。

「運や縁」を引き寄せる力

事業が経営者の能力だけでなく、運に左右されることも日常茶飯事です。人智の及ばない完全な運というものは、どうしようもないかもしれません。しかし、往々にして人が運んでくれる「運や縁」というものが多いのも事実です。人がもたらしてくれる「運や縁」によって救われたという経営者の話は数え切れません。逆に言えば、人が「運や縁」をもたらしたくなる要素や力を持っていることが大切になるでしょう。具体的には、尊敬される人格や誠実さ、人々に共感される目標を持っていることなどが要素として挙げられるでしょう。

会員制医療倶楽部では、予防から治療まで医療に関しての様々なサービスが総合的に提供されており、個人では探しにくい健康に関するリソースに、簡単にアクセスすることが出来るのです。